アタ製品を待ちながら

このごろ出荷されているゲームとかってキャラにVCの声があてられるのが当たり前となっていますよね。
まえの声のないゲームを今更あそんだら
何と言うかいまひとつ足りなさを感じる方も大体であるでしょう。

エロゲとよばれるゲームも同じで、
この区分のゲームは声が加入でかくだんにリアルさが増し、まえよりも出回るようになったようだそう。

アダルトのゲームやTVアニメに出演する女子VCは
アダルトシリーズに出演する場合は専用の名前を使っていたり、
ノンクレジットで出演することが大体みたい。
区分がアダルトということで、
不和の予防や、女子VCの個人に関する情報を守るためって考えられ、
事務所も石橋を叩いて割るようになっているところが大体のであるでしょう。

また、エロゲVCのようなアダルトシリーズ中心に活動やっていて人気になっちゃっていらっしゃるVCもいるのですよぉ。
とはいえ、アイドルVCみたいに、定期刊行物やイベントに自分自身がそのまま顔を出演することはおおかたないみたい。

ぎゃくに、オリジュネのゲームやTVアニメに出演する男の人VCは
だからといって呼称を変更したり顔を隠すみたいなことは気に止めないで、
いつもどうりに活動しているのですよぉ。
オリジュネゲームやTVアニメで人気になると、
VC自分自身へねつれつなファンがつくことがおおかただから、
人気のとっかかりとしてとしてオリジュネのおしごとをやっているVCも大体みたい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ