ウズベキスタンの歌手についても

肥満解消法お付けの実際の調理方法をご紹介しましょうので、なにがなんでもこれを元に肥満解消法お付けを形作ってみましょう。

原料品として、玉ねぎ 大3個、キャベツ1/2個、セロリ 1/2~1本、ピーマン 大1個を準備し、それぞれを一口大に切っておきましょう。

大きな鍋にお野菜とチキンお付けの素を1個、ホールトマト1缶をつぎ足し、ウォータをヒタヒタにしたところで10分程度ボイルして、あとはおこのみに応じて茹でるだけです。

味付けに塩ペパーをつぎ足し、もしおこのみならカレーパウダーやチリソースをつぎ足して味を調整すれば肥満解消法お付けが出来上がりです。

肥満解消法お付けは1週間の品書きの中でもちいるもので、初日はお付けと果物の日です。

摂る果物はバナナを除外して全部の果物がオーケーで、水分はウォータか100%果汁のジュースです。

次の日はお付けとお野菜のみを摂る日で、お野菜の調理方法は油をもちいるものでなければなんでも良くて、お野菜の種も、豆やスイートコーンを除けばなんでもOKです。

3日目にはお付け、果物、さらにお野菜を摂取しますが、肥満解消法お付け、お野菜、果物どれも好きな量を摂取できます。

4日目にはお付け、バナナ、その上スキムミルクを摂入れますが、バナナは3本摂るようにし、ウォータをたっぷりと飲むのですが、スキムミルクは適量を500CCのウォータで溶かすようにして飲みます。

5日目は、お付けと食肉とトマトの日で、豚肉或いは皮なしの鶏肉或いは煮魚を350~700g、トマトは6個迄摂取してOKです。

6日目には、お付けと牛肉、且つお野菜を摂るのですが、牛肉もお野菜も自制なく飲食することができて、1杯肥満解消法お付けを飲みます。

最後の日には、お野菜と玄米、果物ジュースを取り入れるのですが、お野菜、玄米、100%の果物ジュースを摂入れ、肥満解消法お付けは1杯飲むようにします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ