絵画におまかせ

痩身法スープの実際の料理方法をご紹介しましょうので、なんとしてもこれを元に痩身法スープを作ってみましょう。

原料品として、玉ねぎ 大3コ、キャベツ1/2コ、セロリ 1/2~1本、ピーマン 大1コを用意し、各々を一口大に切断しておきましょう。

大きな鍋に野菜とチキンスープの素を1コ、ホールトマト1缶を加え、ミネラルウォーターをひたしたところで10分程度煮込んで、あとはこのみにしたがって煮込むだけです。

テイスト付けに塩コショウを加え、もしも好きならカレー粉末やチリソースを加えてテイストを調えれば痩身法スープが出来上がります。

痩身法スープは7日間のメニューの中であつかうもので、初日はスープと青果の日です。

摂る青果はバナナを抜かして凡ての青果がOKで、水分はミネラルウォーターか100%果汁のジュースです。

次の日はスープと野菜のみを摂る日で、野菜の料理方法は油をあつかうものでなければ何でも良くて、野菜の種類も、豆やスイートコーンを除外すれば何でも許されます。

3日目にはスープ、青果、重ねて野菜を飲食しますが、痩身法スープ、野菜、青果どれも好きな量を摂取することが可能です。

4日目にはスープ、バナナ、重ねてスキムミルクを取り入れますが、バナナは3本摂るようにし、ミネラルウォーターを多い目に飲むのですが、スキムミルクは適量を500CCのミネラルウォーターで溶くようにして飲みます。

5日目は、スープと肉とトマトの日で、豚肉もしくは皮なしの鶏肉もしくは煮魚を350~700g、トマトは6コ迄飲食して許されます。

6日目には、スープと牛肉、ならびに野菜を摂るのですが、牛肉も野菜も制限なく喰えて、1杯痩身法スープを飲みます。

最後の日には、野菜と玄米、青果ジュースを摂り入れるのですが、野菜、玄米、100%の青果ジュースを取り入れ、痩身法スープは1杯飲むようにします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ