レリーフならこちら

永井一郎さんは「機動戦士ガンダム」のデギン・ソド・ザビ役とかのお茶の間で目に止めたTVマンガに
いっぱいしゅつえんやってたようです。
そして洋画や特撮モノ、語りと幅広くかつどうやってたみたいだそう。
洋画では「スター・ウォーズ」のヨーダ役とかのさくひんにしゅつえんをしたみたいだそう。

永井一郎さんはTVマンガだと人間味あるキャラやカリスマ性のあるキャラといっぱいのキャラを演じる方法をかえてたんですよ。
殊にガンダムだと一番しゅつえんしたキャラがほとんど声優で著名なのだそうだそう。

ああいった永井一郎さんは、やくしゃをユメにしていたみたいだそう。
正直頭脳明晰で電通ににっさんする中アルバイターをやってたのだそうが、
優秀な成績を持っていると感づいてたちどころにフルタイム労働者に格上げしちゃったみたいだそう。

やくしゃをユメにしていたので劇団につくいていたのだそうが、
洋画のアフレコをやってのけるうちに声優の才能を開花させて、
やくしゃの希望が小さくなってしまったのだそうだそう。

人の一生はいつどんな風になっていくか判別がつかないとかの事は
永井一郎さんがすさまじくよく当たっていらっしゃいますよぉよねぇ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ