コーヒーのご用命はこちら

腹囲をちょっぴりでも減量するためには、Dietストレッチを成しとげると良いです。

お腹Dietの効果的な技法では、まず立ち姿をよくして足を肩幅程度に広げて立ち、続いて腕をはって手のひらを臍のほうに向けた状態でヒジをかるく曲げ、中指同士をはりつけるようにします。

ちょうど丸っこい桶を持つような状態を思い描き、息を吐きながら僅かずつ腰を回して、腕は地面に水平にうごかすことを忘れないようにすれば、上手く遣り遂げれるでしょう。

このストレッチを左右個々10回ずつ日毎遣り遂げれば、お腹Dietとして影響を見越せます。

お腹Dietをいすを用いて成しとげる技法もあるのですが、それには兎も有れいすに背骨をよっかからせないように着座しましょう。

重ねて腹筋に力を入れながら足を挙げて、その立ち姿をまもって30秒間待つ、これを左右10回成しとげるのです。

ほかにもいろいろあるお腹Dietの技法としてもっとも気楽なのが腰のツイスト運動で、これは腹囲を集中的にうごかすだけのたいへん気楽な技法で、これでもしゃきりと腹囲の運動にはなります。

また腹筋運動にツイスト運動を加えて成しとげると、影響は日増しに増加するでしょう。

お腹のDietを成しとげるときは、つとめて腹囲に力を入れるようにし、深い呼吸で成しとげることがカギです。

ペコペコな時を選びとられてお腹Dietを成しとげると良いのですが、その後は確り水分と滋養を摂することを忘れないように気を付けてください。

お腹Dietは、メンス中と妊娠中は控えなければいけません。

日毎長く続けていれば、はなはだしくではなくてもじわじわと影響が必ずや表われるものなので、気短にならず、いそがず持続することができるようにお腹Dietを長く続けましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年2月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ